監視カメラの役割

監視カメラとは、犯罪の防止または記録のために設置されるビデオカメラのことです。世間一般では銀行やATMや通学路などに設置されることが多いです。
また、公共の場以外でも防犯意識の高い家庭においては費用を負担して家に監視カメラを設置している方もいます。そして、低予算で執行でき、効果的であるという理由から外見だけを監視カメラに似せて、実際には録画しないというダミーカメラも存在します。

昔は、VHSテープによる録画を行っていたので長期間データの保存をしようとすれば画像が劣化してしまいました。しかし、現在では、アナログな方法とは変わってハードディスクなどによるデジタルな方法による録画が主流なので画像の劣化を防ぎ、さらには質が向上しています。
さらに、近年では画像処理技術が向上し、撮影した人間の顔を認識し、データベースと照合できるようになったり、車のナンバープレートまでもが読み取ることができるようになりました。

監視カメラに対する人々の意見は様々ですが、その存在によって防止することができた事件や犯罪があるのは事実です。監視カメラとは自分たちを見守ってくれている存在であることをしっかりと理解することが大切です。

loading
×